ザ・ムーン

f0082086_1121542.jpg【あらすじ】月への有人飛行を目指し、アメリカで1960~70年代に行われた「アポロ計画」。作品では合計12人の宇宙飛行士を月面へと運んだこの計画を、実際に月へ行った宇宙飛行士の言葉や当時の映像と共に振り返っていく。圧倒的な臨場感を持つ映像の一部は、今作品で初のお披露目となるNASAの蔵出し映像。冷却保管されていたものをデジタルリマスターし、現代に甦らせた。宇宙飛行士たちの体験に基づく言葉の数々が、その映像に感情や思考を肉付けしていく。・・・・goo映画より
ザ・ムーン』を見てきました。今年は人類が月面着陸してから40年だそうで。「あの着陸はウソだ』なんて事を言っているTV番組もありました。だけど、この映画を見たら感動を超えて、なんというか・・・言葉なんかでは説明できない、この人達はものすごい事をやったんだって事がわかります。TVでは見た事のない映像が、まるでCGでも使ってるんじゃないかと思うくらいの迫力でよみがえります。実際の映像と、アポロに乗った宇宙飛行士達の言葉と映像で綴られている映画です。ドキュメンタリーってどうかなぁ・・って最初は思いましたが、観た後は言いようのない感動に包まれました・・。しびれました。今こそ観る映画だと思います。やっぱり地球って美しいです・・。

[PR]
by hdeco | 2009-01-19 11:51 | 音楽・本・映画