猫のしっぽ カエルの手

最近良く見る番組、NHKBShiで放送している『猫のしっぽ カエルの手』。
主人公はハーブ研究家のベニシア・スタンリー・スミスさん。京都大原の築100年にもなる古民家でおよそ200種類のハーブを育て、手作り暮らしをするベニシアさんを1年間にわたって追い、ハーブを活用した生活からさまざまなヒントをお伝えします。(NHK HPより)
f0082086_2218186.jpg

彼女のライフスタイルと共に、色々なハーブの作り方、最後に彼女の書いたエッセイが流れます。
今回のエッセイも『そうなんだよなぁ・・・』って思いながら聞きました。

『苦労が人生を磨く』
人生は月のように満ち欠けするもの
良い事もあれば悪い事もある  
次に何が待ち受けているかわかりません
予想もしなかったことが起きたり  
愛する人を突然失うこともあるでしょう
ありのままに受け入れるすべを  
ゆっくりと身につけていくのです
そして 運命は偶然ではなく  
自ら選びとっているのだと気づくのです
その瞬間を一生懸命に生きることが
人生を楽しくしてくれる
心を静めれば美しい世界に
囲まれていると気づくでしょう
髪を揺らす風や赤ちゃんの笑顔  
美しい花に止まる蝶(ちょう)のように
幸せは自分の心しだいです
[PR]
by hdeco | 2009-07-29 22:22 | その他