ちょっと真面目なお話し

f0082086_1181570.jpg昨日NHKBSの『きょうの世界』の特集内容が『韓国~過熱するアメリカ留学』でした。
内容・・・・・・・・・・・
アメリカの大学に通う韓国人留学生の数が急増している。現在、その数7万5千人。10年前の2倍近くに増え、国の人口と比べた割合ではアジアでトップとなった。背景にあるのが韓国就活事情の変化。グローバル化の中で企業が国内の名門大学出身者より、英語ができて即戦力となるアメリカの大学卒業者を多く採用するようになった。韓国ではSAT(全米の大学入試適性試験)の問題を扱い、アメリカの名門大学に100人単位で合格させる留学塾に希望者が殺到。アメリカの中学・高校への編入めざして留学の低年齢化も進んでいる。韓国のアメリカ留学熱の最前線を報告する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現在韓国人のアメリカ留学数は7万5千!!!。日本と比較していましたが、日本は韓国の3分の1程度だったような・・。日本人の若者は、今、海外に出ようという意識も低くなってきたようで、現状維持、日々最低限の生活レベルで穏やかに過ごす・・みたいな・・。老人だな^^;。

韓国では、イ・ミョンバク大統領が若者のグローバル化を推進しているらしい。小学校1年生から英会話を取り入れている。アメリカ留学と言っても、ただの留学ではない。TOEICでは100点が前提の上で、一流大学に進学するのが目的です。留学前にはパーフェクトに喋れないといけないわけです^^;。だらだら留学するのではありません。そして帰国後、即戦力になるような一流の人材を確保するわけです。日本人は合格もなかなか出来ない、合格出来ても卒業できないようで・・^^;。
一流大学に合格するために通う塾は月謝が30万ほど・・^^;。月30万??。
そして良く聞く話しが、子供と母親は海外に留学し父親ひとりで韓国に残り子供と母親の学費や生活費を仕送りするという形態。子供にママが一緒について行くケースも多いようで^^;。そこまでして・・・。
お金のない学生はどうすれば・・。何もかも二極化ですね。

日本も同じ。 これから世の中はどうなっていくのか・・・・。お金と知識がないと生き残れない??。
いやいや・・今こそ『愛』でしょ^^;。
[PR]
by hdeco | 2010-04-22 11:10 | その他