秋の夜長はやっぱり映画

立て続けに面白い映画を見た。
キック・アス」。これ最高!。コミックが元になっているが、ただのコミックじゃない。絶対見るべし。ブラピのプロデュース。サウンドトラックも格好いい。主役の女の子、クロエ・グレース・モレッツはアクションを全部自分でこなしている。こんな子見たことない、かっこいい!。とにかく、久々のヒットだわ^^。


次は「デート&ナイト」。
f0082086_20102261.jpg
これもオバカな映画だけど、たまには笑わないとね。中年夫婦が久しぶりのデートで行ったレストランで他のカップルの名を騙ったせい で命を狙われるはめになり……ここからが超笑える。ちょっと下品なセリフも多いが、この2人ならそれもあり。米コメディ界の大物男女、S・カレルとT・フェイだし。

最後は「ぼくのエリ 200歳の少女」。スウェーデンの映画です。意外とこっちの国の映画も好きです。言葉はさっぱり分かんないけど。 
ストックホルム郊外に母親と2人で暮らす12歳の少年オスカーは学校でもいじめにあい苦痛の日々を送る可哀相な子。そしてオスカーの家の隣に引っ越して来た少女・・・・オスカーの唯一の友人になるわけだが、その子は吸血鬼だったのだ。


ラブホラーって何かに書いてたけど、それって何かしっくりこない。もっと深~いお話しです。世界中から多くの賞をもらってるだけの事はあります。

てなわけで、まだまだ見たい映画いっぱい。 寝不足になりそうだわ・・・・
[PR]
by hdeco | 2011-10-25 20:23 | 音楽・本・映画