香水 parfum

一時期、『香水バカ』の時がありました。それも日本未発売の物とか、とにかく周りの人があまり持っていない香水を買うのが楽しみでした。香水をつけ忘れた日なんか落ち着かないくらいでした。が・・・・、今は出勤する時だったり、しない日も多い。いつからこうなったんだぁ???
で、今つけてるのはこれ。ROCHAS~ロシャスのpoupee(ぷぺ)。人形っていう意味です。
f0082086_10344983.jpg
ロシャスはフランスのクチュール専門の老舗。だいたいどんなお店も洋服の次に香水を製作発表するのが一流の証みたいなところがあるからなぁ。

今でも欲しいのがCARON~キャロンのFLEURS DE ROCAILLE(フルール ド ロカイユ)。昔、職場の先輩におしえてもらって買った香水。フランスの薬局から始まった香水専門店。以前日本の企業が発売してたのになくなってしまった。いずれにしても私は甘くて清かな香りが好きです。

ところで香水の歴史を少し調べました。ヨーロッパでは15世紀末からアルコール製の液体の香水を使い始めたそうです。香りを楽しむだけではなく、当初は伝染病の予防薬としてもみなされていたそうです。ヨーロッパの人(と、言ってもどの地域だか・・)は19世紀まで入浴の習慣がなかったので、臭いを消す為の道具だったわけで、一言で言えば『不潔』だったのです(^^;)。今でもフランスに行ったらまず空港に着いた時点で香水の匂いを感じます。昔、夏にフランスに短期留学した時、週末のバス旅行で、車内中が香水と体臭。で、気分が悪くなりそうだった事を思い出してしまった・・・・(--;)。清潔で無臭の日本人である事をあらためて実感しました・・・。
[PR]
by hdeco | 2006-10-21 10:55 | 好きなもの