マリー・アントワネット

1月20日から『マリー・アントワネット』が上映されますね。14歳でオーストリアから嫁ぎ、贅沢を極めたのち、フランス革命の中、処刑された王妃として有名です。でもこのたった一行では簡単に説明できない。
f0082086_22413721.jpg
化粧も、入浴も、着る物も、性生活もすべて皆の監視のもとの生活。豪華な食事に、派手な生活が出来ても嫌だなぁ・・・。この映画は衣装と、スイーツがすごい!女の子がウキウキするハッピーな色であふれている。どんなマリーが描かれてるのか気になる・・・・。マリーは当時のファッションリーダーだったらしいし。装飾とか色あわせとかカルトナージュの参考にもなるかしら???
f0082086_22472178.jpg
かなり前に行ったベルサイユ宮殿の写真と、パリからベルサイユ駅までの乗車券。真夏に行きましたが、とにかく暑くて、倒れそうなくらいだったって事が記憶に一番残ってるのが悲しい(^^;)。鏡の間くらいしか実はよく覚えてないです・・・・。この映画はベルサイユ宮殿で撮影してるらしいのでそれも気になるところかな?
[PR]
by hdeco | 2007-01-13 22:55 | 音楽・本・映画