思い出

子供頃は週末のTVと言えば大河ドラマ。あの頃は深い意味も考えず、ほぼ強制的(この時間はこれしか見せてくれないから)に見てたなぁ。でも、おかげさまで?、大河ドラマで扱われた歴史上の登場人物の名前は未だに、だいたい覚えてるから不思議。大人になってからしばらく大河ドラマからは遠のいてました。でも、こないだ久し振りに見たら、ちょうど川中島の合戦のクライマックスに突入してて、そのナレーションの中に、忘れてしまっていた父との思い出がよみがえってきました。
               
                 f0082086_1921245.jpg   
            鞭聲粛粛夜過河       
            暁見千兵擁大牙
            遺恨十年磨一剣             
            流星光底逸長蛇  

これ、漢詩。これがドラマの中にでたんです。父が少し詩吟をやってて、ついでに私も何故かこの詩だけ教わったんです。まさか川中島の合戦の事を歌ってる詩だったとは・・・。この年になって初めて意味を知ったよ~。 ついでに目を閉じて、頭を軽く震わせながら気持ちよく歌ってた父の顔がよみがえりました。大河ドラマ見てなかったら、ずっと思い出す事はなかっただろう記憶・・・。 ふとした事で頭の中の引き出しが開く事ってあるよね。来年は久し振りに見てみるか?               
             

[PR]
by hdeco | 2007-12-13 18:57 | その他