しかけ絵本

f0082086_1846591.jpg
今日はとっても暖かかったですね。てなわけで、三越に『ロバート・サブダ しかけ絵本の世界展』に行ってきました~。親子連れが多かったですが、その間にもぐりこんでじっくり見ました。面白かったのは入口周辺にサブダ氏のアトリエ(デスク周り)が再現されてたとこ。『ふ~ん、ここからこんな素敵な作品が生み出されるわけね・・・』と思いながら作品を見ると、また楽しい。他にも、しかけ絵の歴史・・という事で、アンティークの貴重な大昔の作品もありました。

子供の頃、恐竜の飛び出す絵本があったのを思い出しました。多分、兄のかな??。空き箱に仕切りをつけて、テーブルだとか、タンスだとかを貼り付けて、自分で作ってた事も思い出しました。絵を書いたり、作ったりっていうのが好きだったから、飛び出す絵本を見ると、昔の感覚がよみがえる感じでした。しかし、どうして大人になると、こういう感覚がどこかに行っちゃうんだろう・・・

[PR]
by hdeco | 2008-03-11 19:17 | その他