チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

f0082086_1919282.jpg『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』、観てきました。
【ストーリー yahoo映画より】1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を劇的に変えた実話を映画化したコメディディータッチのヒューマンドラマ。『卒業』のマイク・ニコルズがメガホンを取り、アフガニスタンに侵攻したソ連軍を撤退させてしまう破天荒な男の姿を描く。主人公をトム・ハンクスが演じるほか、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンらアカデミー賞に輝く演技派が脇を固める。お気楽な主人公が世界を変えてしまう奇跡のドラマに注目。

う~ん、私的にはいまいちでした。アフガニスタンに侵略したソ連軍を1人の下院議員が撤退させたというストーリーに、妙に期待をしてしまいましたが、何だか淡々と終わった感じが否めない。トムハンクスは特に好きではないが、出ている映画は面白いのが多いので、その辺の期待も大きかったかも。そして、そして、ジュリアロバーツのメイクが怖い^^;。こんなにオバチャンだったっけ~??って、思わせる顔でした。  あくまで私的な感想です^^;。

[PR]
by hdeco | 2008-06-02 19:30 | 音楽・本・映画