今頃、『しゃばけ』

先日、友人と本の話になり、私が前から気になっていた『しゃばけ』を読んでいたようで、内容をチラッと聞いたら『やっぱり、買っちゃおー。』てな感じで、やっと今頃買いました^^;。f0082086_1134419.jpgCDじゃないけど、私は本のジャケも結構気になる。この本の装画も面白いですね~。あとは時代設定が『江戸』ときた!。時代小説大好きです。
あらすじ】江戸有数の薬種問屋の一粒種・一太郎は、めっぽう体が弱く外出もままならない。ところが目を盗んで出かけた夜に人殺しを目撃。以来、猟奇的殺人事件が続き、一太郎は家族同様の妖怪と解決に乗り出すことに。若だんなの周囲は、なぜか犬神、白沢、鳴家など妖怪だらけなのだ。その矢先、犯人の刃が一太郎を襲う……。愉快で不思議な大江戸人情推理帖。日本ファンタジーノベル大賞優秀賞。  ・・ 新潮社サイトより    畠中恵/著

主人公の「一太郎」とそれを取り巻く妖怪、そして何故か推理小説・・・なんじゃこりゃ^^;。半分ほど読みましたが、とにかく「江戸」の景色なんか知らないのに、何故か、頭の中でどんどん色んな景色が広がる。そんな本、好きです。
これはシリーズもので、他にも何冊か出てます。そして7月31日に最新刊『いっちばん』が出るそうで・・・・

[PR]
by hdeco | 2008-07-15 11:19 | 音楽・本・映画