レッドクリフ Part1

f0082086_143512.jpg
レッドクリフ観て来ました。
【あらすじ】はるか昔、生きる意味を戦いに求めた時代。天下統一という野望に燃える曹操は80万の兵力を使い、怒涛のごとく敵国を攻めていた。誰もがその勢力に圧倒されたとき、立ち上がった二人の男がいた。一人は、劉備軍の若き天才軍師・諸葛孔明。もう一人は、孫権軍の知将・周瑜。二人は、その巨大な勢力に立ち向かうため、連合軍を結成する。その数、わずか6万。兵力で劣る連合軍は、知略と奇策によって戦いに挑んでいく。 【goo映画より】

ジョン・ウー監督、トニー・レオン(周瑜役)、金城武(諸葛孔明)主演の三国志の話しを映画化したものです。三国志って特に男性のファンが多いですよね。私も小さい時、三国志の人形劇をTVで観て、何故か今でも登場人物の名前はしっかり覚えてます。この映画、実はPart1。次は来年春の公開です。なので、それまでに本を全部読もうと思っています。
実話だと思うと、やはり中国の歴史のすごさを感じます。1800年も前の話しですから・・・。
戦いのシーンは圧巻。おそらくこんな風に戦っていたんだと思うと、色んな意味で胸がいっぱいになります。金城武がなんとなく私のイメージする孔明とはちょっと違うけど、ま、いっか^^;。

[PR]
by hdeco | 2008-11-02 16:17 | 音楽・本・映画