カテゴリ:音楽・本・映画( 82 )

未来ちゃん

f0082086_1051686.jpg
川島小鳥さんが撮られた写真集「未来ちゃん」。主人からおしえてもらって観た。胸がキューーーーンとなるような世界です。

佐渡島に住むある1人の少女の日常を撮った写真ですが、「これは昭和????」「え・え・え??」と、一瞬時代がわからなくなる。
こんな子が今もいるんだね・・・。 今の時代にすべて失ってしまったものが、ここにはギュッと詰まってます。
昨年暮れにはブルータスの表紙にもなっていました。いま、最も人気の写真集かも?!
f0082086_1122448.jpg

[PR]
by hdeco | 2011-05-17 11:02 | 音楽・本・映画

TSUNAMI」、観ました。釜山の海雲台が丸ごとメガ級の津波にのみ込まれるというストーリー。

ストーリーはさほどでもなかったが、やっぱり映像は凄かったです。この映画を観ると、人間ってホントにちっぽけだなと思えてくる。自然の力には勝てない。たった10分で街をのみこむのだから・・・。 思わず手に力が入りました^^;。 あとは、海雲台の町並みが映像になっていることが、観てて2倍楽しめます。

実は、今年に入って初の映画館での映画鑑賞でした。時間と、気分と・・・ずっと行く余裕がなかったので。
なので、少し嬉しかった・・。
[PR]
by hdeco | 2010-09-29 20:33 | 音楽・本・映画

f0082086_22493575.jpg

世界40カ国、2600万部突破。ミレニアム3部作・・・第1部『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』、第2部『火と戯れる女』、第3部『眠れる女と狂卓の騎士』。今世紀最大のサスペンスと言われている、スウェーデン発の小説をもとにした映画です。 
今頃、知りました^^;。 昨日wowowで第1部を観ました。これは面白い!!!。原作を裏切る事無く映画化するってとても難しい事ですが、原作も映画も大ヒットのようです。冒頭20分を見逃したので、21日の再放送は絶対観るぞ~!!。

【あらすじ】
スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの処女作にして遺作となった大ベストセラー小説の映画化。原作は、著者の死後、世界中で2600万部を売り上げたミステリー巨編。主演は新星ノオミ・ラパス。40年前、スウェーデンの資産家の邸宅から忽然と姿を消した少女がいた。少女の親族から捜索依頼を受けたジャーナリストのミカエルは、背中にドラゴンのタトゥーを入れた天才ハッカー・リスベットの協力のもと、事件解明に挑む。     (映画.comより)


夜中に始まって、ボォ~っと観始めました。しかも言葉がスウェーデン語?。聞きなれないもんだから最初は適当に観てました。 そしたら・・・これはヤバイ。 面白い!。ってことに。
作家自身も主人公と同じジャーナリスト。しかも、この本がベストセラーになる前に病気で死亡。処女作で遺作。この本は世界中で売れ、今では現地の撮影場所を巡るツアーがあるほど。
日本でも3部作出版されています。4部作は途中までだったそうです。
これはDVD借りて、みんなに観てほし~い。 そんな映画です。
[PR]
by hdeco | 2010-07-12 23:09 | 音楽・本・映画

いい天気



「coeur de pirate」の「Comme des enfants」
です。 まったりして今日の天気にあってます。カナダ出身の19歳のミュージシャンです。歌とはミスマッチな腕のタトゥー^^;。が、それがまた可愛かったりする・・・・
[PR]
by hdeco | 2010-05-04 13:02 | 音楽・本・映画

はまってます、「Gareth Malone (ギャレス マローン)」。BSNHKの「世界のドキュメンタリー」という番組で以前「クワイヤボーイズ」というシリーズを見て、音楽の素晴らしさを実感。最近、その後のクワイヤボーイズと、また新たな合唱団の指揮にチャレンジしているギャレスを追った、続編が放送されました。
f0082086_18491150.jpg

f0082086_1849284.jpg


最初はただのお坊ちゃまに見えたけど、見た目と違う、根性のある、そして紳士的な感じ、それとイングリッシュが素敵に思えてきた037.gif。ギャレスを見てから、旦那にも白シャツをさらっと小奇麗に着て欲しいとお願いし、着てもらってます^^;。旦那からは「ハリーポッターに出てる生徒みたい(ホグワーツの制服)なのが好きなんやろ。」って言われた。違う~!。もっと大人な感じだよ・・・・015.gif
[PR]
by hdeco | 2010-02-15 18:57 | 音楽・本・映画

こわいーー!!。でも面白い。やっと借りて観ました。この「チェイサー」、私的には「殺人の追憶」と並ぶヒットでした。基本的に気分が沈むような映画は年々観なくなってきました。でも、たま~にあるんだなぁ~、恐ろしいけど観たい映画。実話を元に描かれているから余計生々しい。だけど、こんな映画は今の日本映画にはないような気がします。何というか・・・泥くさいというか・・・。
f0082086_22251235.jpg

【あらすじ】街では連続猟奇殺人事件が起こっている頃、元刑事でデリヘル嬢の斡旋を生業としているジュンホは、彼の元から行方をくらませた2人の女の行方を探っていた。その手がかりを握る男を見つけるも、探りを入れさせたデリヘル嬢ミジンも失踪。だが偶然ジュンホは疑惑の人物ヨンミンを見つけ、捕獲する。すると警察でヨンミンはとんでもない告白を始めた。「女たちは自分が殺した。そして最後の女はまだ生きている」と――
(goo映画より)


犯人役のハ・ジョンウが出演した、ドラマも映画も色々観ましたが、今や海外からもオファーのくる名役者ですね。最後に殺されてしまったデリヘル役のソ・ヨンヒ、今や、この人が出るドラマ・映画は必ずヒットすると言われているそうです。色んな役の出来る大好きな女優さんです。

本当に面白かったです。グロいシーンもありますが、これは傑作だと思います。
[PR]
by hdeco | 2010-02-01 22:39 | 音楽・本・映画

ベートーベン・ウイルス

BSジャパンで放送中の「ベートーベン・ウイルス」にはまっています016.gif。タイトルの通り、最後はベートーベンの「第九」を演奏するところに辿り着くわけですが・・・番組と一緒に盛り上がろうと、今年はアクロス福岡で演奏される「第九」を聞きに行くことにしました~!。
ドラマのシーン
f0082086_19324675.jpg

九州交響楽団
f0082086_19342583.jpg


ドラマに出ている指揮者役のキム・ミョンミン氏は夫婦そろって大好きな役者さんです^^。
ドラマと盛り上がれるなんて最高♪。12月24日のクリスマスイヴにあるので、よい記念になりそうです。きっと生で観ると感動的でしょうね。楽しみ、楽しみ♪。あ、ドラマもいよいよクライマックスに近付いて来たし、こちらも楽しみ、楽しみ♪。
[PR]
by hdeco | 2009-12-04 19:38 | 音楽・本・映画

f0082086_1050714.jpg
マイケル・ジャクソン THIS IS IT」、観てきました~。やはり彼は最高です!。あれだけのエンターテナーはどこにもいない。すべてに長けていて、かつ気配りの出来る人。

世界中からオーディションを受けに、トップのダンサー達が集まる。そのダンス風景も見もの。選ばれた彼らはインタビューで涙を流しながら「マイケルと同じステージに立てればそれだけでいい・・・」と。そして彼らとパフォーマンスするマイケルは更に格好良くて、50過ぎとは思えない。そのダンス風景を見て一瞬、ウルッときた。  あ~、ホントにマイケルは逝ってしまったのか。未だに信じられない。

彼はいつも「愛を・・・L-O-V-E」と、皆に言ってます。今の世の中に一番必要な物ですね・・・。

ソラリアシネマで観てきました。『THIS IS IT』の劇場(シアター1)は、マイケルが1996年ワールドツアー福岡ドーム公演の際、お忍びで鑑賞した劇場と同じだそうです!。
[PR]
by hdeco | 2009-11-02 11:06 | 音楽・本・映画

cool♪



i podのCMに使われる歌って、ほんとcoolなのが多い。ツボにはまる。特に女性シンガーの歌が。
Miss Li の「Bourgeois Shangri-La 」もいいよねん♪。
[PR]
by hdeco | 2009-10-27 20:57 | 音楽・本・映画

泣けた~っ!

昨夜は釜山に行けない事で、グッタリしてて、夜中にボーッと映画を観てました。「ヤング @ ハート」です。
平均年齢80歳のコーラス隊“ヤング@ハート”の活動を追った音楽ドキュメンタリー。年に1度のコンサートに向けて、ソニック・ユースやボブ・ディランの曲を練習するメンバーたちの様子を、ドキュメンタリー作家として活躍するスティーヴン・ウォーカー監督が映し出す。メンバーそれぞれのキャラクターが笑いを誘う一方、自らの老いや死を冷静に見据え、歌うことは生きることという彼らの姿に胸が熱くなる。[YAHOO映画より]

この映画、上映時に主人に観に行こうって誘ったのに、あんまり乗り気じゃなかったみたいで結局行かなかったんです。  やっぱりいい映画だった!。 隣に主人が居たので、ウルウルしてたけど我慢しながら観ました(笑)。 おじいちゃん、おばあちゃんがキュートで、元気で、パワフルで、とっても楽しい!・・・なのに、胸がキューンと痛くなる・・007.gif。 シャウトしてる姿なんかしびれますよ!。選曲もかなりいい。
撮影している間に、仲間が2名亡くなるんです。誰がいつそうなってもおかしくない年齢。それでも彼らは今を生きる。そして全エネルギーを出して歌う。これこそ正真正銘のロックだと思います。
これを観たら、自分の生き方がずいぶんちっぽけに感じます。
秋の夜長、是非、お薦めです!
[PR]
by hdeco | 2009-10-08 21:05 | 音楽・本・映画